行政との違いとは? | 不用品回収業者を使って、しっかり部屋を綺麗にしよう!

不用品回収業者を使って、しっかり部屋を綺麗にしよう!

行政との違いとは?

ゴミ箱

不用品回収をしてもらう際に、実は民間の不用品回収業者に依頼する方法と行政がおこなう粗大ごみ回収という2つの選択肢があります。
そのため実際にはどっちを利用するべきなのか?あまり利用したことない人だとわからないところでしょう。
そこで今回は民間と行政による不用品回収の違いについて解説していきたいと思います。

まず行政の場合ですが、一般的には品目ごとに設定されている料金のみを支払う形です。
厳密にいうと自治体によっては粗大ごみに必要となるお金が一律になっている場合もあります。
民間の不用品回収業者を使うときに発生する基本料金の部分については税金で賄われるので、その点は一切払う必要ありません。
つまり費用的な面においては間違いなく行政を使った方が安く住むでしょう。

ただし、行政を利用する人は色々な準備をしておかなければいけません。
というのも、出したいゴミをあらかじめ所定の位置に出しておかないといけないわけです。
もし家具などの大きくて重たいものだったら、かなりめんどくさいですし重労働になってくるでしょう。
そのため女性や年寄りの人が行政を利用するのは、ちょっと厳しいかもしれません。

またもうひとつ重要な点として、行政の場合は対応してくれる粗大ごみの種類が限られています。
そのため品目によっては回収してもらうことができないので、たとえばエアコンやテレビあとは洗濯機などは捨てられません。
だから事前に捨てたいものを確認して、行政でも大丈夫かどうか調べる必要があるでしょう。
しかし民間の業者ならなんでもサクッと回収してくれるので、手間をかけたくない人は民間がおすすめです。